Valentine’s Day: A Reminder to Stop and Smell the Roses

バレンタインデーは私たちが愛する人を祝福することを思い出させてくれる大切な日。毎日は忙し過ぎて、大切な時間に感謝することを忘れがちです。そしてもっと残念なのはお互いに感謝することを忘れてしまうこと。2月14日は、普段忙しさでロマンスを押しやっている私たちを、バラとチョコレートのショッピングに駆り立てる日なのです。

でも、愛を祝福するのに決められた日が必要でしょうか?毎日がバレンタインデーでもいいのでは?自分にとって特別な人のために、1年にたった1日しか愛の日がないというのもおかしな話です。人を愛するとき、毎日は等しく献身と情熱で満たされているはず。

でも愛は全てが小さなことから成り立っていて、その小さなことの重なりが、あなたにとってその人がどんな存在なのかを教えてくれるのです。それは食べ物を家に買って帰ったり、食事を用意したり、子どもをベッドに寝かしつけたりといったこと。そんな小さなことが、愛をいきいきとさせるのです。

一日のおわりに私たちは、立ちどまってバラの香りを楽しむことを思い出させるもの、つまり日々のお決まりの作業から解放される為の理由が必要になります。だからそう、手短にいうと私たちにはバレンタインデーが必要なのです。でも同時に私たちには、愛が常に新鮮である為の、小さな積み重ねも必要です。

伝統はいいものです。それは大切なものを忘れないようにしてくれるから。他の364日に、大切な「愛」をわすれない為にバレンタインデーが特別な伝統として存在するのです。今日は、少しだけ特別な時間をつくって、バラの香りを楽しんでみてください!